カウンセリングで安全性を確認してから受けましょう

サイトメニュー

利用前に知っておくべき事

注射器

トラブル回避には事前予約と医師の腕

ボトックス注射治療は医療現場で痙攣等の治療に使用されており、近年美容医療に転用された比較的新しい美容整形術です。治療と言えども美容目的の場合は保険適用はなく全額自己負担になります。一般的な病院ではなく美容クリニック等で受ける事になります。美容クリニックは一般的な病院とは最初が異なります。風邪等で病院に受診する際は特に時間外以外は事前予約は必要なく、直接窓口に行く事で診察を受けられます。美容クリニックの場合は、自費診療なので本人との細かい部分までの情報共有や同意が必要になります。また美容医療では治療方法は個人毎の状態や希望によって異なります。美しくなる為の医療施術なので、どの様に希望しているかや納得して受けてもらう為、またボトックスでは非常に稀ですがトラブル回避の為に事前にカウンセリングが行われます。カウンセリングは必ず医師が行う事が定められていますが、医師は施術も行うので直接予約なしで行ってもその日にカウンセリングを受けられる事は稀です。まず最初に医師との面談日調整をする事が必要であり、その為に事前に予約の連絡が必要になります。
ボトックス注射治療はボツリヌストキシンと言う薬剤を注入するだけの治療内容です。薬剤は世界的にも厚生労働省からも安全性が認められています。だからといって注射だけの治療内容なので、医師の腕は関係ないと思うのは危険です。注射するだけなので医師ならばできると思われていますが、ボトックス注射治療は非常に緻密な計算や経験が結果を左右する美容医療術です。注入量は希望者全員同じではなく、状態や希望によって変更します。また筋肉に注射するのですが、筋肉は様々な部位と連動していたり重なり合っているので、正確に注射する腕が必要です。ボツリヌストキシンは筋肉に作用する神経伝達物質の分泌を抑制する効果があるので、誤った部位に注入すると弛緩したり表情が作れなくなったりします。ボトックス注射治療は世界的に有名で安全性が立証されており、副作用の報告はありません。しかし医師のミスによってのトラブルは報告があります。トラブル回避の為にはカウンセリングを受けて十分信用できる医師に依頼する事が重要です。またクリニック選びでは前もって在籍医師の美容医療業界歴や臨床経験を調べておく事も併せて重要です。

Copyright© 2019 カウンセリングで安全性を確認してから受けましょう All Rights Reserved.