カウンセリングで安全性を確認してから受けましょう

サイトメニュー

知っておきたいこと

女医

種類や豆知識を知る

美容整形をする方法の1つにボトックス注射があります。ボトックス注射は様々な場面で利用されますが、その種類の1つは顔を小さくする時です。どのようにして顔を小さくすること言えば、エラの付近に注射を打つことでその部分の筋肉を麻痺させます。筋肉が麻痺してくると、その部分が縮小してきますので次第に顔が小さくなるでしょう。次に、ボトックス注射でワキガをなくす方法があります。ワキガの原因はアポクリン腺と言われるところから出る汗にあります。この汗が臭いの原因となりますので、一般的にはアポクリン線を手術によって切除する方法が考えられるわけです。ですが、近年はボトックス注射によりそのように手術をしなくても良くなりました。ボトックス注射を打ちアポクリン線の働きを麻痺させることで、臭いの元をなくしていこうとする考え方です。それ以外でも、シワがある場合に注射を打つことで、結果的にシワをなくすことができるようになります。いずれも手軽な方法として知られており、今や美容整形ではなくてはならない存在です。
ボトックス注射を打つ場合、絶対に知っておきたい事は施術を行う前にアルコールなどを服用しないことです。アルコールを服用してしまうと、血液の流れが速くなります。血液の流れが速くなることで、本来留めておきたい場所に液体が留まりません。結果的に、別のところに流れてしまう可能性があるでしょう。そうすると、注射を打っても十分に効果が出ない可能性が高くなります。次に知っておきたい基礎知識は、一度注射をしたとしてもその効果が永続するとは限らないことでしょう。一般的には、ボトックス注入の効果は人によって異なりますが3か月から半年程度と言われています。そのため、一定の期間が経過してしまった場合には効果はなくなることになります。この場合、効果を持続させたければ、定期的に注射をするしかありません。さらに、金額について言えば1本あたり1万円から1万5千円になることが多くなります。健康保険が適用されるか問題になりますが、審美に関することでボトックスを注入するならば適用外になります。

Copyright© 2019 カウンセリングで安全性を確認してから受けましょう All Rights Reserved.